藍法律事務所

名古屋の女性弁護士「藍法律事務所」法律相談(離婚問題、成年後見、遺言・相続、債務整理、交通事故その他)お気軽にご相談ください。

Contents
電話無料法律相談
面談の予約受付
法律相談のご予約は、電話または
当サイトの予約受付フォームよりお申し込みできます。
予約受付電話番号

(052) 220-0377

インターネットからの予約申し込みはこちらから

Q&A

後見について


成年後見って何ですか?
判断能力が不十分な成人の方のための制度です(未成年の方の場合は,未成年後見という制度があります。)。
  たとえば,認知症,知的障がい,精神障がい等のために,ご自分の財産を適切に管理できない,生活のために必要な契約ができないといった場合に,本人以外の人が代わりに財産管理をしたり,契約をすることにより,ご本人を助けることができる制度です。

成年後見にはいくつか種類があると聞きましたが,どういったものがありま すか?
まず成年後見制度は,大きく2つに分けることができます。
 1つは法定後見制度で,こちらは家庭裁判所に制度の利用を申し込むところから始まります。
 裁判所に申し込むことができる方は,ご本人に加え,ご本人の配偶者,四親等内の親族等の方です。
 法定後見制度の中には,ご本人の判断能力の程度に応じて,「後見」「保佐」「補助」と3つの手続があります。

 もう1つは任意後見制度で,こちらはまず,ご自分が後見人になってもらいたい方と契約を結ぶところから始まります(初めは裁判所は関わりません。)。
 ご本人の判断能力が低下した時に備えて,あらかじめ財産の管理や,契約を代わりにしてもらう人を決めて,その人に,任せたい内容を契約書にしておき,実際にご本人の判断能力が低下した時に,その任せる人に動いてもらうものです。

法定後見の中の3つのどれに当たるかは,どうやって決められるのですか?
医師が判断能力の程度を診断することになります。
 ちなみに,判断能力が低下した方のうちでも,最も判断能力が低い類型が「後見」,その次が「保佐」,3つのうち一番判断能力が高いのが「補助」のケースです。
 裁判所に提出する診断書は,決められた形のものがありますので,その診断書に記入してもらいます。

本人の代わりに契約を行う人(後見の場合は後見人,保佐の場合は保佐人,補助の場合は補助人)は,誰がなっても良いのですか?
基本的には,ご本人のご親族や知り合いでなくても,誰がなっても良いのですが,近い親族の意見を聞くことは必要になります。
 もしその意見の中で,反対があれば,その人は後見人等になれないことがあります。

本人が反対しても,法定後見の手続を進めることはできますか?
まず,法定後見のうちでも,補助の場合には,ご本人が手続をすること自体を反対していれば,手続を行うことはできません。
 保佐と後見の場合には,ご本人が反対していても手続を進めることはできますが,裁判所への申立(申込み)には診断書が必要ですし(つまり病院を受診してもらう必要),また基本的には,申立の際に裁判所に出頭して面接を受けたり,診断書を提出する必要がありますので,最低限のご本人の協力は必要になります。

申立の時に必要となる費用はどのくらいですか?
まず,裁判所に申し立てる時の手数料として,切手代や印紙代が総額で1万円弱必要となります。
 また,申立をした後,鑑定を行う場合には,5~10万円程度の鑑定費用を支払う必要があります。
 補助の場合は,原則として鑑定を行いませんが,後見・保佐の場合は原則として鑑定を行います。
 申立をされる方が,申立の際の費用を負担することになりますが,ご本人のための申立で,ご本人の保護の必要性が高い場合は,裁判所に申立をすれば,ご本人に負担してもらうことができる場合もあります。
  
他には,申立を弁護士等の専門家に依頼した場合には,弁護士費用等が必要となります(当事務所については,1件の申立につき,15万7500円(消費税込み)~です。)。
 申立が認められて,手続が開始した後は,後見人等として職務を行う方への報酬を,ご本人の財産から支出することになります(金額は,後見人等が行った職務の内容により,家庭裁判所が決定します。)。